社員インタビュー

櫻井 一利

こんな仕事をしています

ヘッドランプの光学開発を行っています。未だ存在していない先進的なランプを世に出す為に新技術開発を行い、それを製品として成立させる為の光学設計を行っています。ドライバーに嬉しさ、快適さ、そして安全を提供する為に、何が必要かを日々考え開発に取り組むと共に、全世界で販売するランプを開発する為に、小糸の海外拠点とも連携して、各国のニーズに合致した製品開発を行っています。

あなたがKOITOを選んだ理由は何ですか。

自分の仕事の成果や実感をわかりやすく形として残せる「ものづくり」に関わる仕事に興味を持っており、中でも世界に名を馳せた、日本の自動車業界で仕事をしたいと考えていました。静岡県出身であることもあり、小糸製作所の名前がすぐに浮かびました。ランプシェアNo.1の企業規模、そして大学のOB社員に聞いた話から、やりがいのある仕事ができると思い、迷わず入社を決めました。

海外でどのような仕事をしていたか教えて下さい。

私は、北米拠点である「North American Lighting」に光学技術者として出向しました。現地ならではのニーズを取り入れたランプの製品設計を行うと共に、日本と連携し、新製品を海外のカーメーカーに採用して頂く為に技術折衝、技術プレゼンを行いました。 また、現地スタッフへ技術指導をしながら海外の光学技術レベルを向上させ、光学チームとして団結して業務を行いました。

海外で仕事をする上で、学生のうちから取り組んでおいた方が良い事は何ですか。

海外出向は、私にとって人生で欠かすことのできない有意義な経験でした。自分の可能性を自分で決めず、異文化の中で大きく心を開いて体感した全てを吸収すれば、新しい世界を発見することができます。学生時代から、人との出会いやコミュニケーションを大切にして下さい。人とのコミュニケーションが欠かせないアルバイト等を経験し、社交性、外向性を身に着けることは後に貴重な財産となると思います。

印象に残る海外での業務エピソードを教えて下さい。

出向して間もない頃、北米の現地カーメーカーからの、日本で聞いたことの無いような厳しい性能要求に苦労していました。日本とコミュニケーションを取りながら現地スタッフ総動員で何度も必死に検討を繰り返す日々が続きました。課題を一つ一つ解決し、得意先に試作品の性能を見て頂いた結果、一番厳しい要求をしていた技術のキーマンから「We are happy. Thank you for your hard work.」と言って頂きました。その時の胸に込み上げた感動は今でも鮮明に覚えています。

就職活動をするみなさんへ Message

私は小糸製作所と縁があったことを感謝しています。入社してから今まで苦しい時も悩んでいた時もありましたが、周りで支えて頂いた方々のおかげでチームで目標を達成する喜びを知りました。そしてそれが出来たのはそんな自分に期待し、評価して頂ける環境があったおかげだと思っています。熱い思いを面談でぶつけてください。皆様と一緒に仕事が出来ることを心より楽しみにしています。

msgbox_btm

社員インタビューTOPへ

インタビューラインナップ

小糸製作所リクルート情報

小糸製作所リクルート情報

LINKS