社員インタビュー

府川 紀子

こんな仕事をしています

ランプに使われる樹脂を成形する技術に携わっています。ランプは自動車の目にあたり、特に最近の自動車ではランプの輝き方で個性を表現する事が多くなっています。車種ごとに今までにないランプデザインが求められ、それに伴い樹脂成形品もより複雑で肉厚のあるものになってきています。そのような製品をいかに高精度で、生産性良く造るかを追求した工法の開発業務を担当しています。

あなたがKOITOを選んだ理由は何ですか。

就職活動をしている当時、実家の自動車のランプが遠方まで明るく照らすもので、製品を良く見てみると小糸製のランプだったことがきっかけです。そのような高品質のランプの光学技術に興味を持ち、さっそく小糸の選考に応募しました。企業説明会で、これからの時代、女性が活躍できる職場、女性だからこそ出来る仕事をどんどん増やしていきたいという話を伺い、私も是非このような会社に入って活躍してみたいと思い、入社を決めました。

職場の雰囲気を教えてください。

明るく活発な、チームワークの良いの職場です。開発業務では、地道で愚直な努力が必要とされる事も多くあり、根気と体力が必要です。しかし、不具合等の問題があれば、各開発グループが連携して問題を解決にあたります。また、私は育児休暇、短時間勤務を経験しましたが、どちらも職場の理解が得やすく、スムーズに取得することができました。そのようなアットホームな雰囲気も魅力の一つです。

仕事のやりがいについて教えてください。

小糸では、男女の垣根無く仕事を任せて貰え、自分が開発に関わった製品が、目に見える形で市場に出た時には、とても嬉しく思います。私の上司は、女性がいかに活躍できるかを、一緒に考えながら指導をしてくれます。私は開発の現場へもどんどん参加させて貰え、多くの活躍の機会を得ることが出来ました。今では子育てをしながら仕事をしていますが、更に活躍の場を与えて貰い、感謝しています。

印象に残るエピソードを教えてください。

入社当時、他部署と協業で開発にあたったものの、最終的には量産につながらない事が何度か続きました。当時の部長から「開発というのは、量産にならないものもある。根気よく開発に取り組めば、必ずヒットするものが生まれる。」という言葉を頂き、量産に繋がるまで粘り強く頑張ろうと思いました。今でも、根気良く開発に取り組むことをモットーとし、仕入れ先に何度も足を運び、仕入れ先と一緒になって問題解決にあたっています。

就職活動をするみなさんへ Message

自動車は、今後も新興国を中心に需要が拡大していきます。新興国で自動車を売る際にも、安全性は欠かす事のできない重要な性能です。先進国でも、自動運転等の技術革新が急速に進んでおり、より安全性を向上させたランプ技術が必要となります。夜間の交通事故を減らす為、小糸製作所で一緒に働いてみませんか。

msgbox_btm

社員インタビューTOPへ

インタビューラインナップ

小糸製作所リクルート情報

小糸製作所リクルート情報

LINKS