社員インタビュー

富士川工機部 萩原 直輝

こんな仕事をしています

私が所属する富士川工機工場では、ランプのレンズ等を成形する樹脂金型を製作しています。その製作工程のうち、私はCAMというソフトを使用し、樹脂金型を加工するためのデータを作成しています。

あなたがKOITOを選んだ理由は何ですか。

私が就職活動を行った時は、リーマンショック直後ということもあり、企業の採用人数が減少し、非常に厳しい時代でした。そんな中、初めて内定を頂いたのが小糸製作所でした。地元から離れる不安はありましたが、小糸製作所に運命的なものを感じ、入社を決めました。

職場の雰囲気を教えてください。

富士川工機工場で働く方々は、樹脂金型に関するプロフェッショナル集団、いわば職人です。職人と聞くと寡黙で頑固なイメージがありますが、挨拶やコミュニケーションが積極的に行われ、仲間意識がとても強い職場です。分からないことや困ったことは、先輩・上司と相談しながら、スムーズに仕事を進める事が出来ます。

仕事のやりがいについて教えてください。

金型を加工する時に、何通りもの加工方法の中から最適なものを選択するところが仕事のポイントです。加工時間や、加工精度、加工のしやすさ等を考慮し、その中から状況に応じて最適な選択をします。自分が良いと思った選択が、加工現場では都合が悪いこともあります。お互いに最適な方法を検討し、狙い通りの加工が出来た時にやりがいを感じます。

印象に残るエピソードを教えてください。

私の作製した加工データは、後工程の現場で使用されます。成功して当たり前とされる加工データに不備があると、前工程と後工程の多くの方々に迷惑がかかってしまいます。難しい加工が成功した時は嬉しいですが、失敗した時はその対応で多くの方々に迷惑をかけてしまいます。自分の失敗が周囲の方々の協力で助けられた時、仲間の大切さを実感し、「次はうまくやろう。」と思い直す事で、新たなチャレンジに繋げています。

就職活動をするみなさんへ Message

自分が伝えたいことを一方的に伝えようとしても、それは相手が求めるものではない場合もあります。相手の立場になり、どんな返答を求めているのかを考えると、企業がどんな人材を求めているのか見えてきます。就職活動は大変だと思いますが、今後の人生を左右する岐路です。先輩社員の方々や、就職担当の方々を頼るなど、利用出来るものは積極的に利用しましょう。そうする事で、パンフレット、インターネットでの情報収集では得られない、企業・人との思いがけない出会いがあるはずです。

msgbox_btm

社員インタビューTOPへ

インタビューラインナップ

小糸製作所リクルート情報

小糸製作所リクルート情報

LINKS