社員インタビュー

製品開発部 坂下麻美

こんな仕事をしています

次世代の標識灯の開発をしています。近年、自動車業界は新興国での需要は拡大しているものの、先進国では市場が成熟し需要増加が見込めません。そのような状況下でランプの存在価値も変化の時を迎えています。ランプが安全を提供するだけではなく、見て楽しい、光って嬉しい新しい光学系を開発しています。

あなたがKOITOを選んだ理由は何ですか。

int01_img01

人々へ、安全や快適を提案できる仕事につきたいと考えていました。私の学生時代にLEDの技術が発展し一般家庭用照明に使用されるようになり、特に今後の光技術の発展に興味を持っていました。

重工業製品ではなく、光といった感性的要素をもつランプなら、女性であり理系出身の私も活躍できるのではないかと考えたことが理由です。

職場の雰囲気を教えてください。

新しいものをつくりだそうという活気と、その実現のために検証や改善を日々繰り返す根気に満ち溢れています。
大きな発想から出発し、最終的には何mmをどう設計していくかという細かなところまで詰めていくという、夢のある明るい雰囲気とプロフェッショナルな研ぎ澄まされた雰囲気が入り混じった職場です。

仕事のやりがいについて教えてください。

int01_img01

自らが考え検討してきた開発品が量産に結びつくことが最大のやりがいだと思います。 その大本となる部分を開発できる責任を感じながら、さまざまな社員からの意見や手を加えられ、開発製品が成長していくことに嬉しさを感じ、得意先や市場で評価されることが喜び・やりがいにつながっています。

生み出した製品はまさに私の子供。
大切な子供を育て、見守るような気持ちが生まれます。

印象に残るエピソードを教えてください。

仕事をはじめて3年目。低コスト車向けランプの開発で、光学開発を担当したが見映えと配光の両立が難しく計画通りに進みませんでした。 焦りを感じる私を上司や開発メンバーが納期ぎりぎりまで私を信じて待っていてくれたことが印象に残っています。のちに数多く量産品に採用されることとなりました。今では、部下や後輩をもち開発を引っ張っていくようになり、当時の先輩や上司を見習っていきたいと感じています。

就職活動をするみなさんへ Message

img_msg01

近年、通信技術やエネルギー技術の進化により、自動車産業を取り巻く環境は大きく変化しており、ランプにも新しい価値が求められています。ランプには、安全性に加えて見映えも必要とされており、性能を満足させる技術だけでなく、将来の見映えを作る感性的なアプローチも大切です。 私は、出張を活用して様々な場所、時には工芸品、時には風景を見に足を運び、インスピレーションを受けたものを製品に活かせないか試行錯誤しています。 実際に、その要素をランプの見映えに盛り込み好評を得たこともあります。新しい感性を持ち、会社の中に新風を吹かせてくれる学生さん、ぜひ一緒に開発しましょう。

msgbox_btm

社員インタビューTOPへ

インタビューラインナップ

小糸製作所リクルート情報

小糸製作所リクルート情報

LINKS