社員インタビュー

研究所 榎本 公典

こんな仕事をしています

私のグループでは白色LEDに用いる当社独自の蛍光体の開発を行っています。小糸製作所は材料メーカーではありませんので、自社だけで開発するのは難しく、大学など外部機関とコラボレーションしながら開発を進めています。また、多くの学会発表や展示会に積極的に参加することで、最新の情報をいち早く入手し業務に役立てています。

あなたがKOITOを選んだ理由は何ですか。

もともと、人の役にたつものづくりができる会社で働きたいという想いがあったことがKOITOを選んだ一番の理由です。ちょうど就職活動をしている時期に夜間ドライブをすることが多く、そのとき自動車照明の安全に対する貢献度を肌で感じることができたこともKOITOを選ぶ気持ちに大きく影響しました。

職場の雰囲気を教えてください。

int01_img01

研究所という職場であるためか、比較的落ち着いた雰囲気だと思います。そういった雰囲気ですので、研究などじっくり考えたい仕事には打って付けの環境です。

また、上司や先輩方にはとても優秀な方が多く、部署内の風通しも良いので、分からないことがあった時に質問しやすい雰囲気で仕事がやりやすいと思います。

仕事のやりがいについて教えてください。

一般的に蛍光体は、例えば材料Aと材料Bを混ぜて焼けば出来るといったものですが、当社では実際にどういった構造が光るのか設計した上で狙って合成しています。ただ当てずっぽうではなく、狙って合成していますので、できた蛍光体が狙い通り光ったときは仕事のやりがいを感じます。

また、上司から難しい仕事にチャレンジさせてもらえたときや、自分のスキルが上がったと実感できたときなども仕事のやりがいを感じます。

印象に残るエピソードを教えてください。

int01_img01

今まで世界になかった物質の蛍光体を開発したことです。
この蛍光体について複数の学会発表を経て、先日、英国科学誌 nature communication誌 に掲載されました。

小糸製作所からnature に投稿した論文が掲載されたことは初めてで、それと同時にこの蛍光体の特性を活かした白色LEDを用いた一般照明器についてプレス発表を行いました。このプレス発表用のサンプル作製と展示品の準備の時は、ついにこの成果がお披露目になるのだとワクワクしました。

就職活動をするみなさんへ Message

img_msg01

小糸製作所は地味なイメージもありますが、あのリーマンショックの時でも黒字を維持できたくらいとても堅実な会社です。小糸製作所で働きたいと思っているのでしたら、その熱意をぶつければきっと採用につながると思います。小糸製作所を盛り上げていきたいといった熱意を持っている方と一緒に働きたいと思っていますので、ぜひがんばってください。

msgbox_btm

社員インタビューTOPへ

インタビューラインナップ

小糸製作所リクルート情報

小糸製作所リクルート情報

LINKS